Research Institute of the Model of Human Occupation in Japan, Inc
一般社団法人 日本人間作業モデル研究所

山田塾NEWS&FAQ

人間作業モデル山田塾の開設について

 私は,これまで40年以上にわたり作業療法学の教師をしてきました.30年ほど前に,作業療法士はもっと研究をしなければならないとの思いに至り,現在まで研究とは何かと考えてきました.その一つの方法として,大学院で教えたいと思い東京都立保健科学大学(保科大)に赴任しました.そして,保科大とその後継の公立学校法人首都大学東京(首都大)で,修士課程の院生30名,博士課程の院生20名以上の指導にあたりました.現在も,首都大博士課程の院生だった方々の指導をしています.目白大学では,新設された大学院リハ研究科の研究主任として,その後,研究科長として,6年間に作業療法学領域に入学して来た院生を20人以上指導してきました.自分でも,量的研究も質的研究も,ランダム化比較試験もやってきました.これらの経験の中から,大学院に入って来る前に自分のやりたいことを考えて来てほしいと思う院生が少なくないことに気づきました.大学院とは学ぶところではなく,研究するところだ,というのが私の考えであります.

 この度,目白大学を定年退職するのを機に,大学院に進みたいが,今一つ院に入って研究することに自信がないという方,人間作業モデル(MOHO)をもっときちんと学びたいと考えている方などを対象に,MOHOを中心とした研究を志向する勉強会(山田塾)を開催しようと考えました.

 今年度も都区内で,定員は10名として募集します.定員に達した時点で申し込みを締め切ります.当面は東京を開催地として,山田塾に参加できる方を募集します(東京在住でなくとも通える方も歓迎します).場所は,荒川区東日暮里で,山手線日暮里駅から徒歩5分の本研究会の作業所を予定しています.

今年は鹿児島の方々から,鹿児島と宮崎の方で10名参加が見込まれたために,山田塾の研究法の部分の出前出張講義をすることになっています.

 なお,塾生になり,1年間の指導を受けた方は,山田塾同窓会員(賛助会員)となることによって,次年度も参加できます.賛助会員の項を参照して下さい.

 みなさん,奮って参加して下さい.

一般社団法人人間作業モデル研究所 代表 山田 孝

山田塾の3つのポリシー

  • 求める方の像(Admission Policy; AP)

1)本塾は,作業療法士の有資格者を対象に,臨床経験とMOHOの知識に基づく実践的研究
 を行おうとする塾生.
2)本塾は,大学院に入学したいが,今一つ院に入って研究することに自信がない方で,作
 業療法学とMOHOの様々な課題に積極的に取り組む意欲を持ち,高度の専門知識と研究
 力を身につけることを目指す塾生.

  • 教育課程と指導方針(Curriculum Policy; CP)

1)本塾では,基本的および発展的なMOHOの理論を学び,責任ある作業療法士としての研
 究遂行に必要なことを学ぶ.
2)本塾では,講義(4−7月)と演習(10−1月)から成り,高度の専門知識を修得することで
 ,さらに作業療法士としての専門性を高める.
3)本塾では,塾生の問題意識に沿った研究テーマを決定して,計画的な研究指導を行う.

  • 修了者に期待すること(Diploma Policy; DP)

1) 作業療法学の臨床実践から生まれたMOHOの問題意識を研究の視点で捉えなおし,適切
 な研究手法を用いて,事例検討,研究論文の作成などにより研究をまとめることができ
 る.

2019年度 山田塾の開催概要

2019年度の山田塾生を募集します.

  • 定員 10名
  • 開催地 東京都区内,山手線日暮里駅徒歩5分
  • 日 程 前期4〜7月,後期10〜1月
  • 時 間 平日19時〜21時30分(隔週の開講)
  • 受講料 半期で42,000円 (1回6,000円相当)  
  • 内 容 人間作業モデルの基本と研究法の講義(講義形式)

    前半に人間作業モデルの講義,後半に研究法の講義をします.

    @行いたい研究や事例報告の概要を発表(研究計画書)
    A研究の方法を検討,精巧にする(研究計画書の改訂)
    B研究計画書に則ってデータを収集する
    C研究報告書を作成して,発表の準備をする

  • その他    首都大と目白大の大学院生であった方が参加して,                討議などに参加します.
  • 申込み    申請書と顔写真を電子ファイルで,事務局にご提出ください.
  • 申請書    山田塾申請書(Word)ダウンロード
  • お問い合わせ ご不明な点は,事務局まで,ご連絡ください.
           事務局E-mail ri.moho.j@gmail.com

2018年度 山田塾の様子

  • 山田塾生の感想

 作業療法士として専門性を発揮していくため、作業に基づいた実践理論として代表的な人間作業モデルに興味を持っていました。 加えて、今後のキャリアを考え大学院への進学も考慮し、山田塾への参加を決めました。臨床経験一年目ということもあり不安もありましたが、同じ志を持った仲間がいる環境では自身のモチベーションも高まり、 また山田先生に直接ご指導頂き相談に乗って貰えることはとても心強く、充実して過ごすことが出来ました。実際、人間作業モデルは一度講習会に出るだけでは理解することが難しい理論ですが、 時間をかけ学びを深めていくことで、臨床での気づきや疑問が生まれるようになっていきました。このような発見を活かして、後期では自身の研究計画を作成し、講義の中で発表を通しディスカッションすることで、 より考えをまとめていくことが出来ました。一年という期間で実りある多くの経験をすることが出来たと感じています。この経験を踏まえ、今後も研鑚を積み学会発表ならびに大学院へ繋げていきたいと思います。

 東京天使病院 岩崎純平

  • 忘年会での写真

山田塾のサポーターの賛助会員の方々と理事の方々です.12月11日(火)の夜でした.

バナースペース